矯正治療について

矯正歯科治療を始める前に

一般的に、矯正歯科治療の成果は、患者さんのご理解と御協力によって得られます。したがって、矯正治療を考えている人すべてに、ここに書かれているものと同じような御案内が提供されます。健康的な歯とすばらしい笑顔がもたらす恩恵だけでなく、矯正歯科治療における限界と潜在的なリスクについても御承知下さい。治療の取り消しがなされるほどの重大な事態は滅多に起こりませんが、治療を受けるかどうか決定される際には、まずよくお考え下さい。治療施術全般にいえることですが、矯正歯科治療は、普通計画に沿って治療がおこなわれますが、結果についての完全な保障はできませんし、すべての結果をあらかじめ完全に予測することはできません。

矯正治療は口腔衛生を改善しますし、美しく健康的な笑顔のために歯と顔のバランスやハーモニーをつくるにもたいへん役立ちます。患者さんそれぞれの現在のコンディションや生まれつきの原因による治療制限のため、すべての人々に一定の利益を与えることはできません。いかなる矯正歯科治療であっても、患者さんの治療に対する反応までは計ることはできないのです。

治療目的

矯正歯科治療は歯に力を加え、調節を行い、咬み合わせを改善します。これにより、咀嚼のように毎日繰り返し行われる行為が原因で生じる外傷を防ぎます。矯正歯科治療によって、咀嚼力は口腔のいたるところへ分散され、骨や根、歯周組織、顎関節のストレスを最小限にとどめることができます。また、潜在的な歯科の問題を軽減することができます。正しい口腔衛生法や患者さん御自身にあった口腔衛生法を用い、歯や歯肉を早期から矯正治療などのケアを行うことによって、将来、歯や歯周組織の問題を軽減することが可能になります。

治療によるリスク

医科および矯正歯科を含めた歯科治療には、すべて、限界とリスクがあります。幸いにも矯正歯科治療では重大な合併症が起こることは滅多にありません。しかし、矯正歯科治療を受ける際にはよく考慮すべきです。矯正歯科治療に伴って生じる症状をいくつか御紹介いたします。

1.虫歯や歯周組織の炎症

食生活が乱れたり、日常の歯磨きなどがおろそかになってしまうと、歯の表面が白く脱灰(初期虫歯)したり、虫歯になったり、歯肉が腫れたりします。これは矯正歯科治療をおこなっていなくても起こりうることですが、固定式の装置や他の矯正装置を装着していると、その危険性が高くなります。

2.歯根吸収

患者さんの中には、矯正歯科治療中歯の根が短くなることがあります。普通、この短縮化はごくわずかですが、まれに歯の安定性、可動性を脅かす事があります。

3.骨の減少

歯を支えている骨や歯ぐきにすでに不健全な症状がある場合には、矯正歯科治療による歯の移動によって、さらなる悪影響を被る可能性があります。歯ぎしりなどの悪習癖によって、このような症状がなくとも悪化する場合もあります。矯正歯科治療は、歯並びや咬合の悪さが原因となっている歯の欠損や歯周疾患を減少させ、正常な口腔内の清掃状況を毎日保つことによって、歯周組織や支持している骨の欠損の可能性も低くなります。

4.後戻り

矯正治療が終了した後も、歯の位置は変化する傾向にあります。リテーナーを装着する事がこの傾向を減少させることにつながります。咬合は、生涯を通じ様々な要因に対し変化していきます。その要因とは親知らずの萠出、舌の大きさ、歯および口腔に対する習癖、歯の磨耗、歯周組織の変化などです。治療が終了した後に、追加の矯正歯科治療が必要になるくらいに歯や顎の位置が変化することもあります。追加して行われる治療の範囲は、とりわけ生来の問題に左右され、矯正装置の再装着も併せた様々な治療が考えられます。

5.顎関節に対する影響

顎関節に影響が出る場合があります。痛み、頭痛、開咬障害などです。

6.歯の癒着

歯の発達や萠出の過程は複雑です。永久歯が発達や萠出する過程で何らかの影響で骨と癒着することがあります。そういった場合、それらの歯に対し矯正力を加えても歯が移動しない場合があり、改めて検査を行い治療計画を立て直さなければなりません。

7.治療済みの歯に対して

歯は単純な事故によって損傷を受けることがあり、歯に大きな修復物を充填し、神経に影響が生じることもあります。矯正歯科治療でこれらの歯を移動すると、この状態が悪化することもあります。

8.装置の破損、脱落

矯正装置は共に関連しあう非常に小さな部品から成り立っています。これらを誤って飲み込んだり吸い込んだりすると口腔内に炎症や外傷を生じることがあります。弛んだり破損したりした装置によって、あるいは口をぶつけたりすることによって、頬や唇が傷ついたり炎症を起こすことがあります

治療による装置の不快感はあらかじめ予測しておいてください。不快感や痛みの期間は人それぞれ異なり、処置の内容によっても異なります。一般的に、装置の不快感はおおよそ装置装着後2、3週間から4週間ほどで、歯の移動による痛みは24時間から72時間ほどで解消されていきます。異常な状態に気づいたら直ちに報告下さい。

9.悪習癖による影響

潜在的にダメージを負った歯や口腔組織を、歯ぎしりや食いしばりによってさらに悪化させる場合があります。

10.抜歯

叢生や顎の不調和を改善するために矯正歯科治療を行う場合、矯正歯科治療に関連して口腔外科手術や抜歯、あるいは外科手術が必要とされる場合があります。この処置を受けるかどうか決定される際には、治療や麻酔に関する危険性について、一般歯科医、口腔外科医に御相談下さい。

11.歯の形態異常

定形とは異なる歯の形状や成長期の顎の異常変化は、望ましい結果に達しようとする能力を狭めてしまいます。時々、治療終了後に変化が起こり、追加治療が求められる場合もあります。成長不調や歯の以上形状は矯正医のコントロールが及ばない生物学的な作用なのです。動的矯正歯科治療後に生じた成長変化は、治療結果に影響することもあります。

12.治療期間

診断時に予定した治療期間を超える可能性があります。過度のあるいは不完全な骨の成長、装置やエラスティックの装着に対する協力不足、誤った歯磨き、装置の破損、予約の的確な履行、その他の要因によって治療期間を延ばし、治療結果にも影響する場合がありますので、お互い協力し合っていきましょう。

13.アレルギー

矯正装置はある一定以上の成果をあげるために選択されています。装置の種類、構造、材料含有量はそれぞれ異なっています。装置に対しアレルギー反応を起こす場合があります。あらかじめ、問診表で確認しますが、治療中に反応が出た場合、装置の変更を行ったり、治療の中止を行うことがあります。

14.補助的治療

生活歯や損失歯の形状や大きさは変化に富んでおり、理想的な結果を求めるために、矯正歯科治療後に、修復歯科治療が必要とされる場合があり、矯正歯科治療を補助する歯科治療については御相談下さい。(歯の漂白、新しい歯にする場合など)

15全身疾患

骨や血液、内分泌疾患などは矯正歯科治療に影響を及ぼし、治療の中断や中止を余儀なくされる場合があります。身体の異常が生じた場合には御相談下さい。

24時間 インターネット受付